コンセプト

「 魚沼を盛り上げたい 」

 昨今地方には人口減少や高齢化といった課題があり、魚沼も例外ではありません。
そんな魚沼を盛り上げたいとの想いから、魚沼青年会議所が主体となり本大会が生まれました。
魚沼市内には複数のスキー場がありますが、今大会はその中の一つである「須原スキー場」で新潟県では初となるスキー場でのスカイランニングの大会となります。また、通称「魚沼アルプス」と呼ばれる7つの里山から成る縦走路が存在し、地元の整備者の手によって非常に整備の行き届いたコースが舞台です。
そして、魚沼の魅力と云えば「自然」と「食」。大会の開催時期である10月は魚沼産コシヒカリの新米収穫時期であります。大会参加を機に当地へお越しになった際は、レースだけではなく魚沼の誇る「食」も堪能して頂けましたら幸いです。

須原バーティカル

魚沼市に5つあるスキー場の1つで、冬は豊富な積雪と非圧雪のパウダーで愛される須原スキー場を一気に駆け登るバーティカルレース!

魚沼アルプススカイレース

小出インターからほど近い地元民から愛される魚沼アルプスを舞台としたスカイレース。標高は高くないものの運が良ければ雲海がみられる本格派コース。

レースのポイント

1. 雲海の発生率が高い地域なので運が良ければ雲海が見れます!
2. 須原VKは子どもから大人まで楽しめる長さのコースで、一直線なのでゴール手前までレース展開を一望!
3. 魚沼スカイレースでは魚沼アルプス縦走路の開拓者、整備者の想いがたくさん詰まったコースで多数のピークを満喫できます!
4. キッズが楽しめるミニスカイレース!
5. 魚沼アルプスの縦走路、須原スキー場山頂からの見える越後三山の雄大な景色
6. スカイレースで最後に登る山、鳴倉山眼下に広がる魚沼の街並み
7. レース後には近くの温泉と魚沼産の新米を楽しんでください!
8. エキスパートコースはスカイランニングの北信越選手権に指定

スカイランニングとは?

町や村、谷や海から山頂まで駆け上り駆け下る山岳競技です。
詳しくは下記サイトをご覧ください。

JSA
JSA


大会実行委員長

小幡 利春

SKYSNOW全日本チャンピオン
ウィンタートライアスロン日本代表

大会プロデューサー

遠藤 健太

2019年SKIMO日本代表